FC2ブログ

写真の色

被写体にはさまざまなものがあります。
それらの写真の印象を左右するのは「色」です。

今回は、色のコントロールの仕方を説明します。

ホワイトバランス(WB)

世の中にある色々な光源の色に影響されて写真の色も変化します。
「ホワイトバランス(WB)」は、光源の色に左右されずに、そのものの正しい色を出すための機能です。

光源の種類を指定してWBをおおまかに設定する方法と、色温度を指定して細かく設定する方法があります。

色温度が低いものは赤っぽい光です。
色温度が高いものは青っぽい光です。

ホワイトバランスは、その色温度の光源の影響を打ち消し、被写体の正しい色を出すものですので、光源の色味と加える色味は逆になります。

色温度が低いホワイトバランス設定は、青みを加えます。
色温度が高いホワイトバランス設定は、赤みを加えます。

色温度光源の例/ホワイトバランス設定
3,000K~3,200K電球
4,200K蛍光灯
5,200K~5,500K晴天
6,000K曇天
8,000K晴天日陰


また、応用テクニックとして、わざと実際の色味と異なるホワイトバランス設定をして、写真の雰囲気を変える場合もあります。

仕上がり設定

仕上がり設定は、仕上がりの雰囲気を変更する、カメラの設定です。
いわゆる画像処理の1つですね。

これも、メーカーごとに呼び名は異なります。

「CANON EOS 8000D」の場合、「ピクチャースタイル」という名称です。




「ピクチャースタイル」には、「オート」「スタンダード」「ポートレート」「風景」「ニュートラル」「忠実設定」「モノクロ」「ユーザー設定」があります。

仕上がり設定は画像処理ですので、撮影時に指定しなくても、写真をパソコンに取り込んで、後からフォトレタッチソフトなどで加工することもできます。

なので、個人的には仕上がり設定は撮影時にはあまり気にしないです。
フォトレタッチソフトなどを持っていなかったり、お手軽に画像処理をしたい方は活用されるとよいかと思います。
スポンサーサイト



ピントの基礎知識

写真の主役を表すのは「ピント」です。
きれいなボケ感のある写真も、主役にピントがあってこそのボケ感です。

今回は、ピントの合わせ方について説明します。

視度調節

視度調節を適切な設定にしましょう。

ファインダー付きのカメラの場合、ファインダーの中が見やすくなるように本人の視力に合わせてファインダーの画像を調整してくれる機能があります。

ファインダーの脇の視度調整ダイヤルで調整します。
「┃┳ ╋」のマークがあるダイヤルです。
ダイヤルを回し、画面の中のピントの線がはっきり見えるように設定します。

最短撮影距離

ピントは被写体に近づきすぎると合いません。

各レンズには、最短撮影距離というものが設定されています。
これは、そのレンズが被写体にどこまで寄れるのかを表したもので、それ以上近づくとピントは合いません。
小さいものを撮るときなどに、被写体に寄りすぎるとシャッターが押せないのは、これが原因です。

この距離は、カメラの「距離基準マーク」から被写体までの距離をいいます。
レンズの先からの距離ではありません。
「距離基準マーク」は、円に直線を引いた、「Ф」のようなマーク(実際には直線は縦ではなく横)で、カメラが「CANON EOS 8000D」の場合は、ファインダーの脇の視度調整ダイヤルの右斜め前あたりにあります。



この距離はカメラの機能ではなく、レンズの仕様によるものです。
私が使用しているメインのレンズは、「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」で、レンズに「MACRO 0.39m/1.3ft」と記載されています。
つまり、39cmまで寄れるということです。





望遠系のレンズは最短撮影距離が1m前後のものが多いので、レストランなどに持っていくのは避けたほうが良いとされています。
ちなみに、私が購入した望遠系レンズは「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM 」で、MACRO 0.85m/2.8ft」の記載があり、85cmまでしか寄れないということになります。



ピントの合わせ方

カメラの初期設定では、「自動的にカメラがピントを合わせる」設定になっています。
しかし、それでは一番近くの大きいものにピントが合ってしまうため、自分の思った「主役」にピントを合わせることができません。

カメラが「CANON EOS 8000D」の場合、「AFエリア設定」で、「1点AF(任意選択)」「ゾーンAF(ゾーン任意選択)」「19点自動選択AF」などから選択できます。

なお、モードダイヤルが「かんたん撮影ゾーン」の場合はAFフレームが自動選択に固定されるため、ユーザーによる選択はできません。「応用撮影ゾーン」にしてください。
モードダイヤルが何のことだか分からなくなってしまった方は、「露出モード」のページを参照してください。

シャッターボタンを半押しして、画面(ファインダー)の端にある「●」が点滅したらピントが合っているというサインです。
点滅している場合などはまだピントが合っていません。

フォーカスロック

フォーカスロックとは、シャッターボタンを半押しすることによって「ピントを固定する」という意味です。
この方法でピントを固定した後に、自分の好きな構図にカメラを移動して、シャッターボタンを全押しすることによって、自分の好きな構図で素早く写真を撮ることができます。

ピントは面で合う

ピントはあるポイントに合わせるので、ピントは「点」に合うと誤解されがちです。
実際には、ピントはカメラのセンサー面に平行な距離の「面」の全てに合います。

これを意識することによって、2人以上の人物にピントを合わせるにはどういたらよいか?などが理解できるようになります。

AF(オートフォーカス)の種類

カメラのメーカーや機種によって名称は異なりますが、AF(オートフォーカス)には以下の3種類のモードがあります。

モードカメラが「CANON EOS 8000D」の場合の名称
止まった被写体を撮るモードONE SHOT ワンショットAF
自動切り換えするモードAI FOCUS AIフォーカスAF
動く被写体を撮るモードAI SERVO AIサーボフォーカス


また、更に上級者向きとして、「MF マニュアルフォーカス」があります。
これは、「置きピン」と呼ばれる手法など、オートフォーカスではピント合わせが困難な場合や、ピントを固定しておきたい時などに使用します。

構図の種類

構図の種類を表形式にしてご紹介します。
図解したほうがはるかに分かりやすいのですが、図を描いている時間的余裕がありませんので、とりあえず文字だけです。
図を描こうと思っていると、なかなか情報発信できませんので、まずはコンテンツの充実度より、情報発信の頻度や回数を優先していきます。


構図の種類

以下のような構図を意識して撮るとの、意識しないで撮るのとでは大きく変わってきます。

構図の名称概要特徴
日の丸構図主役を真ん中にしたシンプルな構図退屈になりやすい難点もある。
シンメトリー左右対称、または、上下対称の構図象徴的な強さが出る。
二分割構図画面を二つに分けたような構図たとえば、地面と空など。
三分割構図画面を縦横に三分割する直線を引いて、その線上もしくは交点上に要素を配した構図
または画面を1:2などに分けたような構図
被写体をまとまりよく配置できる。
対角線構図画面の対角線上に要素を配した構図ほどよいバランス感が出る。
フレームインフレーム画面内に枠を反復するような構図主役を強調する。
オール・オーバー要素の繰り返しで画面を埋め尽くした構図 
放射線構図画面内の線が一か所に向かう構図集合点に目がいきやすい。


初心者は、まずは、三分割構図を意識して撮ってみましょう。

カメラの正しい構え方と三脚・一脚

カメラの正しい構え方と三脚・一脚のご紹介です。
手ブレ写真でお困りの方は参考になると思います。

カメラの正しい構え方

カメラ初心者が起こしやすい失敗に「手ブレ写真」があります。
手ブレ写真の原因は、シャッターボタンを押してから撮影が終わるまでにカメラが動いていまうことが原因です。

両脇を占めて、カメラがしっかり安定するように構えます。
肘をつける場所があれば肘をついたり、壁にもたれかかって体を固定するのも有効です。

横位置の持ち方

左脇をしめて、左手はレンズを下から支えます。
右手はシャッターボタンを押しやすい状態にします。

縦位置の持ち方

左脇をしめて、左手はレンズを下から支えます。
右手は縦に構えたカメラの上にかぶせるような形でシャッターボタンを押します。

三脚・一脚

手ブレ防止には三脚や一脚がおすすめです。

三脚

三脚は、私は、「K&F Concept KF-TM2515」を購入しました。



値段の割にかなりしっかりした作りだと思います。機能も充実しています。
たぶん、他メーカー製で、この値段でこれ以上のものを求めるのは無理ではないでしょうか?
コストパフォーマンスは最高だと思います。
「自由雲台の回転部分のグリスがはみ出してべたつきが発生してます。」というレビューがあり、購入前に気になっていたのですが、確かにそういう感じはありますが、手がべたべたになってカメラが触れないというほどではないと私は思います。使用前にティッシュで軽く拭いておけば特に今のところ使用に困ることはありません。
今後ご紹介することになると思う、スローシャッターなどのテクニックを使う際は、三脚は必須となります。

一脚

ただ、スタジオでのポートレート撮影などで構図をどんどん変えて撮影したい場合など、三脚では機動力が落ちます。また、最近の観光地では、三脚の使用が禁止されているところも増えています。
そこで、三脚ほど安定はしないけれど、機動力があり、手ブレ防止効果もかなり期待できる一脚の必要性が出てきます。一脚のほうが持ち運びにかさばらないし、非常に軽量というのもメリットです。

一脚は、私は、「Manfrotto MMCOMPACTADV-BK」を購入しました。



イタリアのメーカーで、洗練されたデザインには定評があります。

この一脚だけだと、縦位置での撮影は困難なので、雲台もあると便利です。
雲台は、私は、「Manfrotto 234RC」を購入しました。



より安価なモデルに、クイックリリースカメラプレートシステムと補助セーフティロックが追加され、スピーディーで安全なカメラの着脱が可能になっています。

メンテナンス方法

カメラのメンテナンス方法の話題です。

レンズ表面についたほこりはブロワーで取る

レンズにほこりが乗ったまま拭いてしまうと、ほこりでレンズを傷つけてしまいます。
必ず最初にブロワーでほこりを吹き飛ばしましょう。
ブロアは風がレンズに垂直に当たるよりも、斜め横から当たるように傾けて使うのがよいです。

私が購入したブロアーは、「HAKUBA ハイパワーブロアープロ M オレンジ KMC-61MOR」です。



レンズクロスでレンズをふく

レンズクロスを指に巻き付け、力を入れずにレンズの中心から周囲に向かって円を描くように軽く拭きます。
水滴などがついてしまって、クロスでは取り切れないときは、クリーニングシートなどで拭くと取れます。

私は「HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 プロキット【3本セット+収納ファイバークロス】 ブラック KMC-LP17BKT」も購入しました。



レンズの交換はスピーディーに

レンズとボディーの間には大切なセンサーがあります。
センサーにほこりが乗ってしまうと、すべての画像にグレーの影が出てきてしまうことがあります。
それを避けるためにも、レンズ交換はほこりのない屋内でできるだけ素早く行いましょう。

ワンポイント

レンズに傷がつかないようにするために、以下のようなものがおすすめです。

まず、レンズがむき出しにならないように保護フィルター/プロテクトフィルターというものがあります。
私は、「MARUMI カメラ用 フィルター DHGスーパーレンズプロテクト 67mm 保護用 ブラック 066112」を購入しました。
レンズに合わせたサイズのものを購入します。私の使っているレンズは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」ですから、フィルタ径67mmのサイズのものが適合します。





また、本来の目的とは異なりますが、レンズフードをつけておけば、運動会などでみんなが一斉にカメラを構えているときに、近くの人のカメラと接触したときにレンズがぶつかり割れてしまうというリスクが減らせます。
私は、「Canon レンズフード EW-73B 」を購入しました。
これも、レンズ径に合わせたものを購入する必要があります。



無断複製・無断転載を禁じます。
情報は有識者の意見も参考にして正確になるように努めていますが、すべて無保証です。取り扱いは個人責任でお願いします。

プロフィール

川高祐奈♂ 通称:『川高くん』

Author:川高祐奈♂ 通称:『川高くん』
カメラスクールに通い始めた、川高祐奈♂(かわたかゆうな)と申します。
女性ぽい名前ですが男性です。世間をあざむく意図はありません(笑)
通称、「川高くん」です。

これまで、旅行やドライブが好きで、旅先で風景写真を撮ってきました。
しかし、カメラの絞りの値など意識したことがなく、もっぱらコンパクトデジカメ(最初はフィルムカメラだったけど)で、オートモードで撮ってきました。
この際、きちんとカメラや写真について学びたいと思いました。
皆さんにも、学んだことや、撮った写真のおすそ分けができればと思い、これまた初のブログにチャレンジです。

最近は、もっぱら川高くんが撮影した、女学生モデルさんのポートレート写真をご紹介しています。

ポートレート撮影の猛勉強中です。
首都圏で被写体になっていただける方!是非ご連絡ください!

©川高祐奈 Twitter: @YunaKawataka

最新記事

アルバム「ちはるん」

アルバム「ai」さん

アルバム 「みるうぇい」

アルバム 「関口美沙希」さん

アルバム 「西原みさき」さん

アルバム モデルさん

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

Amazon.co.jp

ここで検索してAmazonでご購入いただくと、このブログを充実させるための資金源になります。よろしければ、ご協力をお願いします。 もちろん、カメラ以外も検索できます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR