FC2ブログ

写真の色

被写体にはさまざまなものがあります。
それらの写真の印象を左右するのは「色」です。

今回は、色のコントロールの仕方を説明します。

ホワイトバランス(WB)

世の中にある色々な光源の色に影響されて写真の色も変化します。
「ホワイトバランス(WB)」は、光源の色に左右されずに、そのものの正しい色を出すための機能です。

光源の種類を指定してWBをおおまかに設定する方法と、色温度を指定して細かく設定する方法があります。

色温度が低いものは赤っぽい光です。
色温度が高いものは青っぽい光です。

ホワイトバランスは、その色温度の光源の影響を打ち消し、被写体の正しい色を出すものですので、光源の色味と加える色味は逆になります。

色温度が低いホワイトバランス設定は、青みを加えます。
色温度が高いホワイトバランス設定は、赤みを加えます。

色温度光源の例/ホワイトバランス設定
3,000K~3,200K電球
4,200K蛍光灯
5,200K~5,500K晴天
6,000K曇天
8,000K晴天日陰


また、応用テクニックとして、わざと実際の色味と異なるホワイトバランス設定をして、写真の雰囲気を変える場合もあります。

仕上がり設定

仕上がり設定は、仕上がりの雰囲気を変更する、カメラの設定です。
いわゆる画像処理の1つですね。

これも、メーカーごとに呼び名は異なります。

「CANON EOS 8000D」の場合、「ピクチャースタイル」という名称です。




「ピクチャースタイル」には、「オート」「スタンダード」「ポートレート」「風景」「ニュートラル」「忠実設定」「モノクロ」「ユーザー設定」があります。

仕上がり設定は画像処理ですので、撮影時に指定しなくても、写真をパソコンに取り込んで、後からフォトレタッチソフトなどで加工することもできます。

なので、個人的には仕上がり設定は撮影時にはあまり気にしないです。
フォトレタッチソフトなどを持っていなかったり、お手軽に画像処理をしたい方は活用されるとよいかと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

川高祐奈♂ 通称:『川高くん』

Author:川高祐奈♂ 通称:『川高くん』
カメラスクールに通い始めた、川高祐奈♂(かわたかゆうな)と申します。
女性ぽい名前ですが男性です。世間をあざむく意図はありません(笑)
通称、「川高くん」です。

これまで、旅行やドライブが好きで、旅先で風景写真を撮ってきました。
しかし、カメラの絞りの値など意識したことがなく、もっぱらコンパクトデジカメ(最初はフィルムカメラだったけど)で、オートモードで撮ってきました。
この際、きちんとカメラや写真について学びたいと思いました。
皆さんにも、学んだことや、撮った写真のおすそ分けができればと思い、これまた初のブログにチャレンジです。

最近は、もっぱら川高くんが撮影した、女学生モデルさんのポートレート写真をご紹介しています。

ポートレート撮影の猛勉強中です。
首都圏で被写体になっていただける方!是非ご連絡ください!

©川高祐奈 Twitter: @YunaKawataka

最新記事

アルバム「ちはるん」

アルバム「ai」さん

アルバム 「みるうぇい」

アルバム 「関口美沙希」さん

アルバム 「西原みさき」さん

アルバム モデルさん

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

Amazon.co.jp

ここで検索してAmazonでご購入いただくと、このブログを充実させるための資金源になります。よろしければ、ご協力をお願いします。 もちろん、カメラ以外も検索できます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR