FC2ブログ

メンテナンス方法

カメラのメンテナンス方法の話題です。

レンズ表面についたほこりはブロワーで取る

レンズにほこりが乗ったまま拭いてしまうと、ほこりでレンズを傷つけてしまいます。
必ず最初にブロワーでほこりを吹き飛ばしましょう。
ブロアは風がレンズに垂直に当たるよりも、斜め横から当たるように傾けて使うのがよいです。

私が購入したブロアーは、「HAKUBA ハイパワーブロアープロ M オレンジ KMC-61MOR」です。



レンズクロスでレンズをふく

レンズクロスを指に巻き付け、力を入れずにレンズの中心から周囲に向かって円を描くように軽く拭きます。
水滴などがついてしまって、クロスでは取り切れないときは、クリーニングシートなどで拭くと取れます。

私は「HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 プロキット【3本セット+収納ファイバークロス】 ブラック KMC-LP17BKT」も購入しました。



レンズの交換はスピーディーに

レンズとボディーの間には大切なセンサーがあります。
センサーにほこりが乗ってしまうと、すべての画像にグレーの影が出てきてしまうことがあります。
それを避けるためにも、レンズ交換はほこりのない屋内でできるだけ素早く行いましょう。

ワンポイント

レンズに傷がつかないようにするために、以下のようなものがおすすめです。

まず、レンズがむき出しにならないように保護フィルター/プロテクトフィルターというものがあります。
私は、「MARUMI カメラ用 フィルター DHGスーパーレンズプロテクト 67mm 保護用 ブラック 066112」を購入しました。
レンズに合わせたサイズのものを購入します。私の使っているレンズは「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」ですから、フィルタ径67mmのサイズのものが適合します。





また、本来の目的とは異なりますが、レンズフードをつけておけば、運動会などでみんなが一斉にカメラを構えているときに、近くの人のカメラと接触したときにレンズがぶつかり割れてしまうというリスクが減らせます。
私は、「Canon レンズフード EW-73B 」を購入しました。
これも、レンズ径に合わせたものを購入する必要があります。



無断複製・無断転載を禁じます。
情報は有識者の意見も参考にして正確になるように努めていますが、すべて無保証です。取り扱いは個人責任でお願いします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

川高祐奈♂ 通称:『川高くん』

Author:川高祐奈♂ 通称:『川高くん』
カメラスクールに通い始めた、川高祐奈♂(かわたかゆうな)と申します。
女性ぽい名前ですが男性です。世間をあざむく意図はありません(笑)
通称、「川高くん」です。

これまで、旅行やドライブが好きで、旅先で風景写真を撮ってきました。
しかし、カメラの絞りの値など意識したことがなく、もっぱらコンパクトデジカメ(最初はフィルムカメラだったけど)で、オートモードで撮ってきました。
この際、きちんとカメラや写真について学びたいと思いました。
皆さんにも、学んだことや、撮った写真のおすそ分けができればと思い、これまた初のブログにチャレンジです。

最近は、もっぱら川高くんが撮影した、女学生モデルさんのポートレート写真をご紹介しています。

ポートレート撮影の猛勉強中です。
首都圏で被写体になっていただける方!是非ご連絡ください!

©川高祐奈 Twitter: @YunaKawataka

最新記事

アルバム「ちはるん」

アルバム「ai」さん

アルバム 「みるうぇい」

アルバム 「関口美沙希」さん

アルバム 「西原みさき」さん

アルバム モデルさん

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新コメント

Amazon.co.jp

ここで検索してAmazonでご購入いただくと、このブログを充実させるための資金源になります。よろしければ、ご協力をお願いします。 もちろん、カメラ以外も検索できます。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR